So-net無料ブログ作成

ザッケローニ監督・日本代表の皆さま。おつかれさまでした。 [日本代表]

「負ければ監督の責任、勝てば選手の成果」

ザッケローニ監督ほど日本を愛してくれた監督はいなかった


ザッケローニ監督・日本代表・スタッフの皆さま・おつかれさまでした。


ザッケローニ監督が日本代表を退任しました。

「このチームの監督でいられて嬉しかった。もう一度、選べたとしても同じメンバーでいく」


監督のやってきたことへの強い誇りを感じます。




長谷部主将

「結果が出なかった時に監督や選手が批判されるのは当然です。
しかし、四年前に言葉も文化も全く異なる国に来て、
日本という国・日本人の心を理解しようと最大限努力し、その心や文化を尊重し
日本を愛してくれた素晴らしい人間性を持った方であった事は、
日本人として忘れないでいて欲しいです。」


忘れません。ザッケローニほど日本を愛してくれた監督はいません。
ザッケローニはJリーグを研究・日本人の特徴を分析・日本代表に落とし込もうとしました。





ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で1次リーグ敗退が決まった日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督(61)が25日、拠点イトゥでの記者会見で退任を表明し、「全身全霊で(チームの)成長を促すためにやってきた。私を受け入れ、そばにいてくれた方々にありがとうと言いたい」と述べた。敗退に無念の表情を浮かべながらも、引き際に言い訳や恨み言は一切なかった。

 選手やスタッフと誠実に向き合い、信頼関係を築いた。記者会見前の昼食時に、目を潤ませながら辞任とこれまでの感謝をチームに伝えた。通訳する矢野大輔さん(33)も大粒の涙を流した。「このチームの監督でいられてうれしかった。もう一度、選べたとしても同じメンバーでいく」と述べると、長友佑都(27)もむせび泣いた。


引用 - ザック監督、感謝の退任 言い訳、恨み言一切なく…通訳は涙
記事元 http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/06/26/kiji/K20140626008445840.html

人柄が誠実で、考え方が真面目な日本人向きの監督でした。


「負ければ監督の責任、勝てば選手の成果」と伝え、選手に積極性を促してきた。今大会初戦で敗れた後にも選手にわび、チームを立て直そうと懸命だった。その姿は選手の胸を打ち、川島永嗣(31)は「監督のサッカーをピッチで表現できなかったのは僕らの責任」と肩を落とした。

 ACミランでイタリア1部リーグ(セリエA)を制するなどクラブでの実績は豊富だが、代表監督は初経験で国外での監督業も初めてだった。すし店に足しげく通うなど日本文化を理解しようと努めた。「恋に落ちた」という日本での冒険が幕を閉じた。(共同)


引用 - ザック監督、感謝の退任 言い訳、恨み言一切なく…通訳は涙
記事元 http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/06/26/kiji/K20140626008445840.html


「負ければ監督の責任・勝てば選手の成果」と伝え、
コートジボワール戦後は、選手にわびたそうです。

日本に「恋」してくれた、稀有な外国人監督でした。



スポンサードリンク






ほんとはね。残念で仕方ないですよ。

意味不明パワープレーとか、メンバー固定しすぎとか

でも、今までの代表より、この四年間見てて一番楽しかったです。
本当にワクワクさせてもらいました。



ダラダラ好きなこと・思ったことを書いていきます



アルゼンチンに親善試合でいきなり勝利。日本代表史上初でした。
前田遼一が一気に抜けてゴールに迫ったり、親善試合でしたが興奮しました。



監督に就任してから一年間無敗。監督変わったらこんなに違うかと、驚きました。



日本VS韓国親善試合に3-0で圧勝。
この時の本田圭佑は全盛期だったと感じます。
この試合のザックジャパンの「左サイド」が優雅で強かった。


アジアカップも優勝してますよね。
ガチですよ。アジアカップは。えぐい試合が続きました勝利。
優勝という結果。ホラリラロ。




この頃から、ザックジャパンは強いっていうイメージになってきました。




DFに今野・吉田という足元の技術がある選手を敢えて起用することで
ザッケローニ攻撃サッカーは成り立っていました。


せやから、ラインを高く保とうとしないツーリオと中澤選手ではあかんかったのです。




ワールドカップ予選って結局、以前ほど苦労してませんでしたよね。
ほんとサクっと予選通過。余裕やんけと。



ワールドカップアジア予選ってもっと苦労するものでした。
それをほんとサクっと。


すでに、ワールドカップ予選通過を決めてたも北朝鮮戦で初黒星。
温厚な前田遼一が、北朝鮮のラフプレーにキレてたのを覚えています。



本当に良い監督が来てくれたなぁとこのときぐらいから
思い始めました。



コンフェデ杯でブラジルにボロ負けしてもうあかんってときに

欧州遠征でベルギーに勝利。オランダに分けてベルギーに勝利。


こうして振り返ってみると、悪くないって思いますが、


内田選手「クラブでは頼られるし、シャキシャキやれるのに代表では・・・・」
細貝選手「クラブでは中心選手です。なのに代表では・・・結果23人から落選」

クラブでは非常に良い働きなのに。という選手も多かったですね。

特に、内田選手。うっちーはシャルケでもまれた結果、守備できて試合をビルドアップ。
シャルケではファルファン選手とチョコレートラインで右サイド制覇してるのに。

うっちーは、クラブでは「サイドバックなのにボールタッチが多い」という
サイドバックでは極めて稀有なタイプの選手に成長しました。

うっちーボランチできるでしょ?ってレベルです。


なのに、何故か、代表では右サイドが活性化しませんでした。
本田選手の意向もあったかもしれません。本田中心のチームづくりでしたから。



本田圭佑・長友・香川(左サイド組)VS 吉田・内田・長谷部・川島(お散歩隊)
で、いろいろ分かれてたかもしれない。



f48bf5dd-s.jpg
うっちーはTV用のうっちーを持っていますからね。これはTV用ですね。

遠藤選手はこの辺りの事を、「ドイツW杯」と似てるって言ったのかもしれない。


ザッケローニ監督は無能で間違いだったのか?

無能監督ならアジアカップ優勝したり、アウェーでフランス・ベルギーに勝利できません


CB・ボランチは確かにメンバー固定でした。
足元無いとあのサッカーできないんですよね。



でも、四年間でJリーグに足を運んだ試合は232試合です。普段からJリーグを観戦。
Jリーグから多くのメンバーを試して、最終23人にJリーグから11名が選ばれてます。


これはJリーグ・日本のサッカーリーグからしたら燃えますでしょ。
確実にザッケローニは日本サッカーの「芯」であるJリーグの底上げに貢献してくれました。
ジーコは無視してましたよね。ブラジル帰っちゃうし。




スポンサードリンク






ザッケローニ監督の日本愛


私は日本に「恋」している。



日本食へのこだわり・わさび

日本大好きザッケローニ・日本食へのこだわりはこちら http://goo.gl/4nrscH
WS000005.JPG
この画像、なにすごいですよね。よぉく見てください。
ザッケローニ監督は、手元をみてません。おはしを見てません。
ノールックです。ノールックでいってます。


WS000006.JPG
代表用の食材をトラックに運び込んでいます。
欧州人は大体、魚が苦手なのに率先して手伝ったそうです。


ザッケローニ監督の日本への想い



商店の人が無料で生活必需品を配っている。お金ができたら返しにくることを知っているからだ。日本人とはそういう人たちなのだ。日本人は諦めない国民だ

教育、しつけ、清潔さ。すべてが素晴らしい。物価は2倍だが、お金を払うのも気持ちいいぐらい

私は半分日本人だと思っている。日本に恋している

君が代を歌えるように努力したい

とにかく日本代表を見て最も心を打たれたのは選手たちの成長したいという願望だ

日本の伝統を変えていくつもりはない。その伝統の中に入っていくのはこの私であって日本人が私に合わせるのではない

このチームの素晴らしいところは、ベンチスタートの選手が結果を出してくれること。

日本の国民の皆さん、こんな代表チームがあることを誇りに思ってほしい

日本に来て最も感銘を受けたのは、礼儀正しさや他社への尊敬だ

(日本代表監督就任のオファーをもらったときなぜ引き受けたかと言えば)
日本の選手たちのチームへの犠牲心、チーム愛に非常に好感を持ったからです

日本人であれ、外国人であれ、日本代表監督は日本人の持っている特徴を尊重しないといけない。

一番好きな言葉は、イタリア語で考えると”バランス”。

日本語ではサムライブルーの”サムライ”という言葉が非常に好きだ


引用 - 日本への愛し方が泣けてくる【ザッケローニ監督の日本愛
記事元 http://matome.naver.jp/odai/2135373434794029601

E382B6E38383E382AFE995B7E8B0B7E983A8E99C87E781BDE58B9FE98791.jpg



ロンドン五輪組敗退翌日から始動開始


山口螢の呼びかけで


清武・斉藤・酒井宏樹・酒井高徳・権田らが参加したそうです。
四年後に向けて、前向きにやってもらいたいです。


稚拙な乱文を読んで頂き本当にありがとう。
ザッケローニ監督・日本代表・スタッフの皆さん・特にうっちーの怪我を面倒みたスタッフの皆さん
ほんとにおつかれさまでした。

スポンサードリンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます