So-net無料ブログ作成

コロンビア代表・カルロスバッカが肉離れ・日本戦欠場・全治7~10日 プレースタイル [ワールドカップ]

コロンビア代表・ストライカーが病院へ直行




15日・コロンビア代表のFW・カルロスバッカがチーム練習を離れ、病院へ直行しました。


carlos-bacca.jpg



15日の練習中、シュートを打ったとき右足にに違和感。

ペケルマン監督・チームドクターと相談した末、病院へ直行したそうです。


右足大腿四頭筋を負傷、肉離れを負っている可能性もあるといいます。

「ミートグッバイ」ですね。肉離れはクセになるんですよね・・・・・・・・・・



歩行も困難な状態で病院へ直行したカルロス・バッカの姿をみて

現地では、疲労の蓄積による肉離れの可能性があると見られるみたいです。




カルロスバッカはスペインリーグで好調・なんと14得点を挙げています。


カルロス・バッカはW杯初戦(対ギリシャ)ではプレーしていません。



スポンサードリンク






カルロスバッカ・全治7~10日・日本戦欠場



コロンビアサッカー連盟は、16日にカルロスバッカの症状と回復時期を発表。

肉離れではあったが、全治7~10日と診断。

治療期間中は試合には出られないが、代表メンバーには帯同。


20140616bacca3.jpg


コロンビア代表・不動のエース・カルロス・バッカの代表離脱の噂が飛び交いましたが、

代表に帯同するみたいですね。


コロンビア代表・並びに関係者はホッと一安心ですね。
といっても、実はコロンビア代表、カルロスバッカ無しでもギリシャ代表から3点奪っています。
恐ろしい破壊力です。

管理人は、コロンビア代表がCグループ最強と思います。


e24f780307517f199830fef79be15adf-640x360.jpg



コロンビア代表・カルロス・バッカは日本戦を確実に欠場することになりました。







スポンサードリンク






カルロス・バッカのプレースタイル



2095746_w2.jpg

生年月日 1986年9月8日(27歳)
出身地 プエルト・コロンビア
身長181cm
体重 77kg
在籍チーム スペイン・セビージャFC
ポジション CF
利き足 右足

カルロス・バッカの持ち味はスピード・そしてシュートコントロールです。
キーパーをスピードで交わして、がら空きのゴールへ流し込むのが得点パターンです。



動画ですが、南米の選手っぽいしなやかさがあり、スピードもあります。
ポジショニングが良い、賢い選手です。

スポンサードリンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます